スタンド21ジャパン公式サイト   
Welcome Guest 
ご案内
テクニカル情報
トップ  >  stand21製品のお手入れ方法

クリーニングとお手入れ方法について

 製品の保護性能の保証と公認を受けるには、クリーニングとお手入れ方法の指示に必ず従ってください。

元来、着色や色の定着を苦手とする難燃素材のアラミド繊維を使用しているレーシングウェアは、非常にデリケートなものです。クリーニング方法と保管については充分ご理解頂き、大切にしていただくことでより長くご愛用頂けます。

注意:ウェアの損傷に対する補修は、すべてstand21にて行わなければ、安全性能の証明と保証はされません。

 

     レーシングスーツ 

  40°Cのお湯を使い洗濯機で洗うことをお勧めします。

・漂白剤や柔軟仕上剤は使用しないでください。

・洗濯する時は、首と腰のマジックテープを必ずしっかり止めてください。

・一部の洗剤はレーシングスーツのジッパーをいためる事があります。

・乾燥機の使用は避けてください。アイロンを使用しないでください。

・ドライクリーニングはお避け下さい、FIA公認表示ホログラムシールが溶ける恐れがあります。

・水や汗でレーシングスーツが湿った場合はハンガーを使用し、乾かしてください。完全に乾くまでは袋の中にしまわないでください。

・レーシングスーツは、日光や熱を避け、乾いた風通しの良い場所に保管してください。

・紫外線(太陽や月)を避けてください。

・これらを守ることにより、レーシングスーツの耐久性と外観を保つことができます。

フレックスプリントされたスーツの場合

30以下のぬるま湯を使用して弱い手洗いで洗濯してください。

漂白、柔軟仕上げはしないで下さい。

・洗濯機をお使いになる場合は、弱水流で洗濯し、脱水はしないでください。

・ドライクリーニングはお避け下さい。


  アンダーウェア 

・洗剤や漂白剤を使わずに 40°Cのお湯で洗ってください。

・乾燥機の使用は避けてください。

フレックスプリントされたアンダーウェアの場合

30以下のぬるま湯を使用して弱い手洗いで洗濯してください。

漂白、柔軟仕上げはしないで下さい。

・洗濯機をお使いになる場合は、弱水流で洗濯し、脱水はしないでください。

・ドライクリーニングはお避け下さい。

 

  グローブ 

・ドライクリーニングをお勧めします。

・手洗いの場合は40°C以下のぬるま湯でグローブを手に装着したまま石鹸または家庭用洗剤を使用しモミ手をするように洗い、しっかりすすいだ後タオルで充分水分を拭き取ってください。

・乾燥機は使用できません。

・紫外線による変色、退色をしますので、太陽や月の光にあたる場所には干さず、風通しの良い陰干しをしてください。

・洗濯後、レザー部分は皮革専用のクリームを塗布することでしなやかさ、柔軟性が維持出来ます。

レザー部分がナチュラルカラー以外のカラーを使用しているグローブ(Porsche MARTINIグローブ、Vintageグローブ、スペシャルオーダーグローブ)は色落ちする恐れがありますので、ドライクリーニングをお勧めします。

 

    ブーツ 

・ブーツを最良の状態に保つために、オフロードモデルを除きレーシングカーの外では使用しないでください。

・スエード(裏革)のお手入れは、スエード用のケア製品をブラシとヌバック用イレイザーを使用して汚れを落としてください。

・汚れがひどい場合は、石けん水またはレザー用汚れ落としを使用してください。

・ご希望によって、stand21では靴底の張り替えを行っています。

 

  ヘルメット 

シェル

・やわらかい布とヘルメット用クリーナーまたはガラスクリーナーを使用してください。溶剤やコンパウンドは表面を傷つけることがあるため、使用しないでください。

バイザー

・ミラーバイザーは、水だけでクリーニングしてください。

・その他のバイザーは、ガラスクリーナーとやわらかい布を使ってクリーニングできます。

・バイザーに溶剤やWAXを使用しないでください。

・新しいバイザーを取り付ける際は、溶剤を含まない潤滑剤をマウントキットに塗布してください。

インナーパッド

30°C以下の石鹸水で洗うことができます。

前
刺繍とプリントについて
カテゴリートップ
テクニカル・インフォーメーション
次
サイズチャート

- © 2001-2015 stand21.co.jp imported by 株式会社スタンド21ジャパン-