スタンド21ジャパン公式サイト   
Welcome Guest 
ご案内
テクニカル情報
トップ  >  FIA & SFI 規格(レーシングウェア)

レースでは規格が基本
基本的な安全基準である規格は、様々なレースで参加者(レーサー、ドライバー、クルー、救護隊など)に提供されています。これらの規格を決定する統括組織 は、製品が安全マークを得るために受けなければならないテストのリストを作っています(火炎にさらされる長さ、製品やコンポーネントへの加圧、様々な衝撃 へ様々な角度からの耐久性など)。製造メーカーからそれぞれの製品のサンプルが複数(サイズ、オプションなどにより)、統括組織が承認するテスト研究所に 送付され、製品が全ての要件を満たした場合、公認が与えられます。
レーシングスーツ   FIA & SFI 規格
FIA 8856-2000
SFI 3.2A 20 SFI 3.2A 15 SFI 3.2A 5

FIA 8856-2000 規格からの抜粋
- レーシングスーツの素材、デザイン、およびサイズ等の変更が禁止されています。
- デザイン要素(ストライプ、パイピングなど)はアラミド繊維を使用(ISO 15025A 規格)
- ショルダーパッドは義務
- 刺繍はレーシングスーツの外側のレイヤーのみに加工
- バッジ(ワッペン)の裏はISO 15025A 規格に準拠し耐火
- バッジ(ワッペン)をつける糸はISO 15025A規格に準拠し耐火
保護を最大限にするため、全てアラミドアンダーウェアを着用することが推奨されます(長袖タートルネック、長ズボン、バラクラバ、靴下)
 8856-2000規格の全文はFIAのウェブサイトをご覧ください: www.fia.com

TPPテスト(熱保護性能)
では、ファブリックを標準的な熱にさらし、ファブリックにかかる熱エネルギー量を測定します。熱エネルギーはファブリックの裏側に触れている皮膚に2次熱傷を引き起こす原因となります。
SFI 3.2A レベル 5 認証レーシングスーツ
(FIA 8856-2000 認証レーシングスーツの性能に近い)はTPPの結果19を取得する必要があります。
SFI 3.2Aレベル 20規格に必要なTPPは 80です。
Stand 21 レベル20のDragster レーシングスーツのTPP:

5レイヤー=95
6レイヤー > 100

FIA technical list n°27 (レーシングスーツ)

アンダーウェア    FIA & SFI 規格
 
FIA 8856-2000
SFI Spec 3.3


ブーツ         FIA & SFI 規格
FIA 8856-2000 SFI Spec 3.3/15 & 3.3/5






グローブ        FIA & SFI 規格
FIA 8856-2000 FIA  86
SFI Spec 3.3/20 & 3.3/5


必要とされる場所
FIA:
FIA規則のもと開催されるレースの大半


SFI:
- Level 20 : Dragster、Funny Car

- Level 15 : スピード記録およびその他のDragsterレース
- Level 5 : 北米で開催されるその他のレース
有効期限
FIA 8856-2000 規格およびSFI 3.2A については期日は設定されていません。
しかし、SFI 3.2A/15 と 3.2A/20 規格のスーツは製造メーカーによって5年ごとに再認証される必要があります。

FIA 86 規格は多くのコンペやレースイベントで徐々に受け入れられなくなっています。
重要:

- ご使用になる前にレーシングスーツを確認してください!
- クラッシュした場合、Stand 21に検査のためにお送りください!
-  当社の同意なしに改造はできません!

詳細情報



前
SNELL & FIA 規格 (ヘルメットとハンス)
カテゴリートップ
テクニカル・インフォーメーション
次
刺繍とプリントについて

- © 2001-2015 stand21.co.jp imported by 株式会社スタンド21ジャパン-